ロードバイクで鉄チャンするなら!?

3回連続で「自転車で鉄チャン」ネタ。前回は「鉄チャンするのに適したクロスバイクは?」というもの。

実際、万人向けなのはクロスバイクなのですが、「いやー、やっぱりロードバイクがいいな」という人もいるでしょう。

主に撮り鉄とか、鉄道のある風景を眺めるといった目的とサイクリングを絡める、しかもロードバイクで行きたい……といった条件で思案すると、まず浮かんでくるのが「GIANT DEFY 2」。

情報源: 新型TIAGRA仕様も登場したGIANTのアルミロード「TCR」&「DEFY」 | CyclingEX

アルミフレームで、上体が起き気味のリラックスポジションが取れるロードバイク。

そしてもうひとつ「KONA HONKY TONK」。

こちらも上体が起きたポジションを取ることが可能。そしてタイヤがロードバイクとしては太めで、安心感もあり。フレームはクロモリ。

情報源: KONA 2016年モデル:ツーリングに行きたくなるクロモリロード「HONKY TONK」と「PENTHOUSE」 | CyclingEX

ストップ&ゴーが多い、メッセンジャータイプのカメラバッグを背負う、ビギナーでまだ慣れてない……等々の条件を考えると、レーサーよりは、エンデュランス系、ロングライド系の入門モデルがおすすめです。

CyclingEXの2016年モデル情報は、こちらからどうぞ。
各社2016年モデル|CyclingEX

ロードバイクの情報だけ見たい場合はこちら。

情報源: ロードバイク2016年モデル | CyclingEX

カテゴリー: ウェブログ, 自転車, 鉄道   パーマリンク

コメントは受け付けていません。