少しづつ慣れてきた

小田急線が3月のダイヤ改正以降、いろいろ変化したところがありまして。

そのうちのひとつが、これですね。

成城学園前で電車を待っていると、向かいのホームにJR車が。

町田駅で電車を待っていたら、またまたJR車が。

みたいな感じで、想像していた以上に遭遇します。

まぁ、運用が固定されていて、それが生活パターンと合ってしまえば、かなりの頻度で見る・乗ることになるわけです。

最初は違和感あったんです。

車内に小田急の路線図無いし。

つり革黒いし。

乗降促進ももろにJRのメロディだし。

でもあまりにも頻繁に乗るので、さすがに慣れてきました(笑)

しかし、それでもやっぱり「おおっ」と思うことがあって。

夕方、新宿から下り快速急行に乗り、新百合ケ丘で千代田線からの準急本厚木行きに乗り換えたら、なんともう1本、多摩急行の連絡をすると言うじゃありませんか。

小田急線に乗ってるのに、自分はメトロ6000に乗っていて、隣のホームにもメトロ6000がいる。

これはかなり、新鮮でした。

カテゴリー: 鉄道   パーマリンク

コメントは受け付けていません。